【プレスリリース】JAL×サステクノ×三八五 サステクノ社アシストスーツ「Aero Back」の導入について

(共同リリース)
2019年7月5日
日本航空株式会社
株式会社サステクノ
三八五観光株式会社

JAL×サステクノ×三八五
サステクノ社アシストスーツ「Aero Back」の導入について
~空港グランドハンドリングスタッフの働き方改革にチャレンジ~

 日本航空株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)と、三沢空港におけるグランドハンドリング業務(主に手荷物・貨物搭降載作業など)を担う三八五観光株式会社(所在地:青森県八戸市、代表取締役社長:泉山裕、以下「三八五観光」(みやごかんこう))は、空港グランドハンドリング業務における身体的負荷軽減と作業効率向上を目的として、株式会社サステクノ(所在地:青森県八戸市、代表取締役社長:石井 千春、以下「サステクノ」)のパワーアシストスーツ「エアロバック」を2019年5月に導入しました。

 ベンチャー企業サステクノが開発した「エアロバック」は、背中部分に空気圧による人口筋肉を装置することで、特に重労働時における背中、腰への負担が軽減します。本体重量は1.8㎏と軽量で、長時間着用することにも適した製品です。 2018年10月には、青森県から、「レッツBuyあおもり新商品」(新商品開発や新事業創出に取り組む県内企業の商品を選定し販路拡大を支援する事業)として認定(認定番号第87号)されています。

 JALと三八五観光は、三沢空港におけるグランドハンドリング業務での性能確認・検証を実施し、「エアロバック」のさらなる活用方法を検討していくとともに、機能向上にむけてサステクノの協力のもと、改良・開発を続けていきます。 また、この「エアロバック」を装着することにより、健康的で働きがいのある職場環境を整備してSDGs達成に向けた取り組みを推進していくとともに、八戸市のベンチャー企業の発展をサポートしてまいります。

SDGs:今回のテーマに当てはまる目標
       

 

 貨物積み付け作業の様子  手荷物取り卸し作業の様子

参考:会社概要
◆株式会社サステクノ(https://sustechno.co.jp/) 新しい形のアシストスーツをテーマに2018年に設立のベンチャー企業。実用性の高いパワーアシストスーツ「エアロバック」の開発及び販売を行う。

◆三八五観光株式会社(http://www.miyago-kanko.com/index.html) 昭和33年(1958年)創立。 三八五流通グループ一員として、本社・3支店・1営業所を有し、従業員70名。 事業内容は、国内・海外旅行業、航空券の販売、損害・生命保険代理店、空港グランドハンドリング。 三沢空港では昭和50年(1975年)より40年以上に亘り航空会社から、旅客カウンター、航務、貨物搭降載業務などを受託。

お問い合わせ先
日本航空株式会社 青森支店 017-773-2188
株式会社サステクノ 広報担当 取締役 藤村 徹 fujimura@sustechno.co.jp
三八五観光株式会社 広報担当 営業本部 部長 中野 陸奥 nakano.mu@miyago.co.jp

 

 なお、プレスリリース原文は以下のリンクよりダウンロード可能となっております。

株式会社サステクノ
JAL×サステクノ×三八五 サステクノ社アシストスーツ「Aero Back」の導入について
https://sustechno.co.jp/wp-content/uploads/jal_sastechno_miyago_pressreleace.pdf
 日本航空株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)と、三沢空港におけるグランドハンドリング業務(主に手荷物・貨物搭降載作業など)を担う三八五観光株式会社(所在地:青森県八戸市、代表取締役社長:泉山裕、以下「三八五観光」...